0120-947-090

設計のご相談大歓迎です! お問い合わせ・資料請求会社概要

無料相談する

資料プレゼント

ホームスタッフブログ

2018年06月28日(木曜日)

枝割

最近のスタッフブログを読み返すと、現代建築についてのレポートが続いていたため、今回は伝統建築について書いてみようと思います。

幸建設では、住宅設計の他、社寺仏閣も手掛けています。

社寺建築の改修工事の依頼があった場合、まず現状を知るために実測を行い、平面、立面、断面図を書いていきます。

現在、お寺の山門の図面を任されて書いているのですが通常の住宅の図面とは全く異なり、悪戦苦闘中です…

専務曰く「構成されている部材の名前さえ覚えとけばあとは簡単よ☆全部本に書いてるし」とのことでした。

社寺建築と聞くと、難しく複雑なイメージですが、実際は専務の言う通り基本は決められた部材によって構成されており、あとは当時の大工さんの匙加減といったところです。

その中でも、社寺建築の中で一番基本となる枝割について紹介したいと思います。

枝割(しわり)とは  垂木の幅+垂木の間隔を一枝とし社寺建築の各部材の大きさを決める基準となるものです。

枝割を基準に柱の間隔や軒の出、細かな部材の寸法まで決まってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

垂木の高さと垂木の間隔は同じで垂木の幅の1.2倍になっているのが一般的です。

お寺に足を運んだ際には、実際に数えてみると面白いかもしれません。

 

企画・設計 清家奈夏

| Post : 2018.06.28. 05:29

2018年06月22日(金曜日)

住宅探訪 in諫早

先週ですが、建築家「伊礼智」氏が設計された住宅見学に、長崎県諫早市を訪れました。

訪問させて頂いたのは、長崎県島原市を拠点に、丁寧な家づくりをされている「フルマークハウス」さんのモデルハウス(諫早市)です。


設計は伊礼智氏にお願いされたそうで、細やかなディテール、外とのつながり方、天井の高さ設定など、大変勉強になりました。室内には弊社も使用している薩摩中霧島壁が使用されています。家具やソファも伊礼氏の設計。


子供室や寝室は、天井高さが抑えてあるため、小さくてもとても落ち着いた空間になっています。

家具の配置、使い方がもきちんと想定されているからでしょうね。

 

 


外壁は、火山灰のシラスが原料の「そとん壁」

濃い色も味わい深くて良い感じでした。

木製玄関は趣があります。外構もとても素敵でした。

 


当初は同じ区域の別の場所を考えていたそうですが、南側に調整池のあるこの敷地を伊礼氏のアドバイスにより購入されたそうです。確かに遮るものが無く、窓を開けて過ごしやすい場所です。建物と周辺環境の大切さも改めて考えさせられました。

案内を担当してくれた、フルマークハウスの吉田(設計・デザイン担当)さんは、伊礼智氏の設計塾にも参加され、無垢の素材を生かした設計、暮らしをつくるデザインに真摯に取り組まれています。

色々とお話しを伺っていると、なんと同じ年で、実は福岡での大学生時代に、イベントでお会いしていることが判明。どこかで会ったことあるような…と思っていたのですが、やはりそうでした(笑)

共通の友人もいることが分かり、思わず思い出話に花が咲き、予定よりずいぶん長く滞在させていただきました。

県が異なるとはいえ、同業の(しかも子連れの)私たちの見学を快く受け入れてくださり、丁寧にご案内頂いた、フルマークハウスの皆様には、ほんとうに感謝です。良い刺激となり、有意義な機会となりました。ありがとうございました。

広報企画 幸 裕子


【フルマークハウス】
http://www.fm-house.jp/

●株式会社 吉田建設工業
●長崎県島原市有明町大三東戊982番地3

 

 

 

 

 

 

| Post : 2018.06.22. 05:34

2018年06月17日(日曜日)

旭川駅

前回の記事に引き続き建築レポートです。どうやら弊社のスタッフには無類の建築好きが多いようです。

今回の建物も北海道社内研修旅行の際に訪れた北海道旭川市にある旭川駅です。内藤廣先生の作品です。



建物の大きな特徴としては 4面7線ある広いコンコースの屋根を支える木の枝のような構造体です。外壁は全てガラス貼りになっており、規模の割には軽快な印象を受けます。



もう一つ受けた印象としては、全体的に「ゆとり」があるという点です。駅構内は木材(蝦夷松?)を用いて非常に温かみのある内観で、利用者の方が休憩するためのスペースが設けられています。また、ロータリー部分も非常にゆとりがあって、一般的によくある地方都市の駅ように乗車客だけが利用するタイプの駅には無い使われ方がされていそうです。

 

 

 

 

 


企画・設計部 幸 康史

 

| Post : 2018.06.17. 09:04

2018年06月06日(水曜日)

モエレ沼公園

先月、社内研修旅行で人生初の北海道に行ってきました。

限られた日程の中でしたが、有意義な時間をすごせました。

その中の一つを紹介します。

観光旅行で案内したのは初めてと言われた「モエレ沼公園」です。

地元の家族連れには人気のスポットとの事でしたがそれも納得出来る公園でした。

基本設計は世界的に有名な彫刻家イサム・ノグチ氏で、若い頃の夢だった地球を彫刻すると言う所から繋がっているとの事です。

ガラスのピラミッド、桜の森の遊具等で見所、遊び所満載です。

次回は家族と自転車で廻ってみたいですね。

工事部 秋吉

| Post : 2018.06.06. 23:24

2018年05月26日(土曜日)

プラン作成

最近、続けて2つの物件のプランを作成しました!

どちらも2階建での計画でしたが、敷地条件や家族構成が異なると当然ながら出来上がるプランや造形も全く異なるものになっています。


▲こちらのプランでは敷地にゆとりがあり、既存家屋との関係性、東からの通風と2世帯がポイントになりました。


▲こちらのプランではコンパクトな敷地の中に、駐車場とプライベート性の高い庭をいかに合理的に確保できるかというところがポイントになりました。

どちらのプランも全く異なる造形とマテリアルになっています。

敷地の個性と住まい方それぞれの特性を生かしたオリジナルのプランをこれからも作っていけるよう頑張りたいと思います!

設計•企画     清家奈夏

 

| Post : 2018.05.26. 03:28

3 / 1512345...10...最後 »

活きる家の道しるべ

お気軽にお電話ください

  • お問い合わせ・資料請求
  • 無料相談

ページの先頭へ