loading

BLOG

家づくりのこと事例紹介

庭から間取りを考える


たまに尋ねられることがあります。お家の間取りを考える時、どこから考えますか?

私は庭から考えます。

厳密に言うとリビングをどの方向に開くと一番良いかを考え、その先には必ず庭がくるようにプランニングします。リビングと庭をどこにつるくかを決めて、そこから派生して建物全体の形や駐車場の位置が決まっていきます。もちろん全てのお家が必ずしもこのプロセスとは限りません。

家の中で最も長い時間を家族と共に過ごすのはリビングです。(※寝ている時間を除いて)その空間が一番居心地の良い空間になるように、まずは考えます。
吹抜けを設けたり、勾配天井にしたりはもちろんですが、大きな窓を設けて明るく開放的な空間にするというのも重要です。

そこで大切なのは庭の存在です。大きな窓の先にすぐ隣の家や道路、駐車場があったのでは意味がりません。常にカーテンを閉じたままになってしまいます。
そこに自分の家の庭がある事で、人目を気にせずカーテンを開け、窓を開いたままに出来ます。

よく手入れが大変だから庭はいらないと言われますが、庭をつくる目的はガーデニングや家庭菜園のためのスペースでは無く、リビングを開放するための空間をつくるという意味もあるのです。

 

設計 幸 康史

―――――――――――――――――――

YUKi-NOiE 施工事例はこちら

YUKi-NOiE イベント情報はこちら

YUKi-NOiE モデルハウス見学はこちら

YUKi-NOiE インスタグラムはこちら

pagetop