loading

BLOG

家づくりのこと

リフォーム

最近、2棟ほど戸建て住宅の全面改修工事の設計・施工をさせて頂く機会がありました。

それぞれ築年数は違いますが、窓や断熱及び内装・水回りの改修を行いました。装い新たに、ご満足いただけたようで何よりでした。

改修A様邸:間仕切りを取払いLDKの内装を一新
改修A様邸:オリジナル製作キッチン

近年、空き家やストック住宅が増える中、中古住宅を購入あるいは譲り受けてのリフォームといったご相談もよく受けるようになりました。工事範囲や金額は、築年数や状態によって様々で、一つ一つ丁寧な現状リサーチと、どこまで手を入れるか等、お客さまとの情報共有が重要となります。

見た目を一新することは、ある意味容易ではありますが、長く住まう事になるお住まい、構造的なことや断熱性も視野に入れてご検討されることをお勧めします。また、既存のお住まいの状態によっては、リフォームをお勧めしない場合もあり、ご購入前の十分な検討も必要です。

空間性に関しては、床や壁・天井の仕上げによって随分雰囲気が変わります。床を無垢材にしたり、壁を塗り壁にすることで、自然素材を使った木の家の雰囲気をつくることも可能です。見た目だけでなく、無垢の板や調湿機能のある塗壁は、消臭・調湿の機能性も発揮します。

その他、特にキッチンや洗面台は、リフォームだからこそ、丁寧に設計しオリジナル製作をすることで、空間の雰囲気の統一ができたり、スペースにピッタリ合う等の使い勝手に差がでる気がします。

F様邸改修:オリジナル製作キッチン

今回のお住まいも、いずれもキッチンや洗面台は弊社でオリジナル設計・製作をさせて頂きました。それぞれの間取りを活かしながら、スペースに合わせたキッチンとすることで、使い勝手よく統一感のあるLDKにできたのではないかと思います。

A様邸洗面台:既存の窓を活かした鏡扉付の収納を設置(鏡は移動可↓)

F様浴室改修:腰壁から下がユニットになったハーフユニットバスはリフォームにもおすすめ

 

 

 

 

 

 

 

pagetop