0120-947-090

設計のご相談大歓迎です! お問い合わせ・資料請求会社概要

無料相談する

資料プレゼント

ホームスタッフブログ「窓」と「間戸」

2018年04月06日(金曜日)

「窓」と「間戸」

日本の伝統的な建物は、木で造られています。レンガや石で壁をがっちり造る西洋のものと違い、骨組みは柱と梁でできているので、柱と柱の間を、戸や壁にしています。ここに開口部を設ける場合は壁を設けず柱と柱の間を全てを「マド」としていました。つまり間の中に戸を作るので「間戸」となります。

それに対して西洋建築に見られる「マド」は必要な大きさ、必要な数の開口を設ける(特に住宅については)といった感じで、現在の住宅建築によく設けられている「窓」と近いように思います。

 

 

 

 

 

 

「間戸」と「窓」どちらが良い、悪いとはひとえには言えませんが、夏場は「間戸」の方が涼しく過ごせそうな気がします。

それになんとなく解放感が落ち着く気がします。

ただ、冬の寒さを考えると障子というわけにはいきませんから、現代的な「窓」はこんな感じになるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

「マド」一つ取っても奥が深いですね。

企画・設計部 幸 康史

| Post : 2018.04.06. 04:46

活きる家の道しるべ

お気軽にお電話ください

  • お問い合わせ・資料請求
  • 無料相談

ページの先頭へ